ボーナスを上手に活用していく方法

冬の今の記事はボーナス商戦と言われ色々とボーナスを活用して買物をさせようと企業も戦略を立てています。しかし賢い消費者はそのボーナスを活用して運用を行ったりしている様で、ボーナスの使い道に関してそのまま銀行に置いておくだけの人であれば一つ投資をしてみるのも良いかも知れません。しかし投資と言えど現段階で定期預金に預け入れをしても戻って来るお金は知れています。

FXであれば元本割れの危険性も当然あります。出来るだけリスクをかけずに出来るだけ多くのお金を戻してもらいたいと考えているのであれば、やはり賢く稼ぐ方法が一番大事になります。今ではソーシャルレンディングと言ったお金をネット上でディベロッパーに貸したりする事で金利で稼ぐ方法もあります。当然貸し倒れの危険性もありますが、それがなければ丸々儲けを出す事が出来ます。

金利にして5%以上のものが多く儲けを出すには最適な条件といえます。しかしお金を現金化するには少し時間が必要であり、その辺りはデメリットと呼べる部分となります。安定して金利を稼ぐ事が出来ればそれこそ定期預金に預けいれをしても結局年間に数百円でソーシャルレンディングであれば数万円となって帰ってきます。

貯蓄と教育資金について

低金利の時代ですが、なるべく金利の高い銀行を選ぶようにしています。今は「横浜幸銀」の金利が安定してよいです。また、ネット銀行は金利が高いので、ネット銀行の「高金利」のキャンペーンを利用して預け換えをしています。株に多少興味がありますが、身内で株に失敗していますから、まだ手を出せずにいます。子どもの「教育資金」ですが、ついつい手元にお金があると使いがちなので、学資保険にしています。しかし、保険料を払うのが年々厳しくなってきていますから、傷が浅いうちにやめようかなぁと考えています。

万が一のときのお金はためようと日々努力しています。ただ逆に「収入」が増えすぎると。もらえるものももらえなくなります。高校生の「就学支援金」ですが、世帯年収が910万円を超えてしまうと、一銭ももらえなくなります。「節税」といった意味でも働きすぎるのはどうなのかなぁと思います。去年働きすぎて体を壊し、通院に100万円近くかかってしまったので、もちろん高度医療費の返還はありますが、体をこわしては「生活を向上する」ために働く意味がなくなりますね。将来「楽しく」暮らせるための、「貯蓄」だと考えています。貯蓄をしたいがために、全力で働くのも手ですが、楽しく無理なく働くのが一番大切です。その為にも、工夫して「節約」していきたいです。

新築戸建てを買ったが子供も三人欲しい!では、節約しよう!!

まず、複数銀行にあったお金を私、旦那、ローン返済の、三つの口座だけ使うようにした。

旦那には、会社の財形で毎月2万五千円貯蓄。生命保険会社に毎月一万の積立てで満期100万になったら払い戻される。で、貯金してもらい、

私は積立ての養老保険を月一万四千円ため、

零歳児の子供は学資保険に月一万三千円ためます。

朝食は昨晩の残りと、ヨーグルトに旦那の実家からもらった 柚で作ったジャムか柿か金柑

旦那さんの実家が、有難いことに梅干し じゃがいも 里芋 ブロッコリー 人参 ネギ 玉ねぎ モロヘイヤ等色々くださるので、その季節で頂いたもの一品おかずを作る。

昼は、日中空いてる時間におにぎりの型で作って具入りおにぎり(旦那のこのみで、ツナかごはんですよ)とチャーハン たきこみごはんをおにぎりにしてみっつと、味卵と、魚か肉を入れて、水筒は夏は麦茶浮遊は、ほうじ茶を入れてもたさます。

おやつは、シフォンケーキ パウンドケーキ クッキー マカロン プリン ヨーグルトバナナアイス 安売りになった完熟してるものの果物が手にはいると甘夏ゼリー 葡萄ゼリー りんごバナナスムージーなど とにかくなるべく栄養価を落とさず 甘味料をとらないようにしてコスパもさげます。節約して体を壊したらもともこもないので。

私の昼は、納豆ご飯にきざみのりと、味噌汁。旦那と同じく昨日の残りの魚か肉料理に、くだもの。

夜ご飯は炭水化物と、汁物 と、肉か魚と、冷たい品(酢の物とかかひややっことかしらすとか)、暖かい品(野菜炒めとか煮物とか)

子供はまだ零歳児なのでミルクとおかゆ(ご飯の調理のついでに作るので合えておかゆ作らず、電子レンジつけたタイミングでおかゆをつくって、裏ごしする)

お風呂は三人一度に入り綺麗なためたお湯が綺麗なときに体や頭を洗って三人で入るのでかさまし。

陽があるうちに、炊事料理は終わらすので暗くなってもひとつの部屋でひとつの電気ですむ。

コンセントは、できるだけはずし、荒いものも米の磨ぎ汁であらったり、洗濯はまとめてやる。テレビは基本的に見ない。買い物も週に一度でまとめてする。

料理も家事もひとつの動作に絡めてついでに動いてやるのでスピード勝負。

髪の毛も旦那と自分のは自分でカット。パーマだけ一年に一度一万円私が使うくらい。

家は都市ガスにしてコストダウン。お湯は沸かしたら保温瓶で保温するのでかなり持ちます。

ポイントのたまるスーパーとドラッグストアーでしか買い物もしません。

通販も楽天で、たまったポイントで、出張のホテルをとったり、光熱費はdポイントで、貯まると、サプリメント(葉酸 マグネシウム 亜鉛など食品から定期的にとるのは難しいもの)

を買うなど。無駄がないことが節約に繋がると思って楽しくやっています。

買うお店を絞ってポイントがっぽり

子供を産み主婦になった私が節約を意識し実施しているのはスーパーの使い分けです。マンションを購入し引っ越してから、子供を連れて近くのお店巡りをしました。主に生鮮食品、日用品、その他に分けて見ていき、それぞれの得意なスーパーを決めポイントカードもそこに絞りました。生鮮食品は歩いて20分のスーパー、日用品はと化粧品は歩いて五分のディスカウントストア、また、我が家には車がないためネットスーパーも効率良く使うことにしました。

イトーヨーカドーは子育て支援で配送量が一定の時期まで100円でプライベートブランドと多く扱っているので重宝しています。また、ネットで買えるものや御歳暮なとはオムニ7のみの利用にしてポイント5倍デーを使いながらポイントを貯め、趣味のCDはそのポイントで購入するようにしています。また、時折ガス抜きも大切です。近くの肉屋や鮮魚店は値段は張るものの質は良く、旬のものなどはそこで時折購入し質の良い食品を食べています。外食は極力控え、2、3ヶ月に1度あるかないかです。どうしても作りたくないときは災害時の為ストックしてあるレトルトのカレーや中華丼などで済ませて、ついでに備蓄の入れ替えもしています。これで月収30~35%の貯金をしています。

貯蓄をさせる秘訣はサイフを分けること?!

どんなに節約を心がけても、お金がないお金がないと嘆く日々…。

収入的には毎月少しずつでも貯蓄が出来るはずなのに、どうしても貯まらない。むしろ赤字になるのはどうしてなのでしょうか。

そんな現状を打破するべく、インターネットや周りの主婦たちの意見を参考に

なぜお金が貯まらないのか、どうすればお金が貯まる生活を送ることができるのかを自分なりに探してみました。

そこで試したのが、サイフを分けるということ。

サイフを分けることで、毎月のお金の管理がしやすくなります。

ざっくりと食費用、その他の日用品用と分け、毎月それぞれどれくらい使っていいのかを決めます。

買い物をする際は必ずそのサイフから支払うようにすること!

毎月それぞれの金額をサイフに振り分け、残った分はすぐに貯蓄に回します。絶対に途中で銀行から下ろしてはいけません。

そうすると嫌でも貯蓄が出来るようになります。

それぞれのサイフでやりくりをするので、今月食費にあとどれくらい使えるのかが目に見えて分かりやすくなりました。

一つのサイフだとどうしても、あと何日でいくらずつ使っていけば月末までもつのかがわからなくなってしまっていました。

毎日きちんと家計簿で管理出来ていればそんな風に思うことはないのかもしれませんが、なんせ飽きっぽい性格で家計簿も放置状態でしたので…。

そんな自分がサイフを分けるだけで簡単に日々の出費を管理でき、うまく貯蓄に回すことが出来るようになりました。

サイフは細かく分かれば分けるほど管理がしやすくオススメです。

慣れるまではちょっと不便でしたが、今ではもう当たり前のように使い分け、少しづつ毎月の貯蓄が増えていくのが楽しみで仕方ないです。

この調子でこれからも頑張って貯蓄をバンバン増やしていこうと思います!

普段の生活を少し見直すだけでお金が貯まるようになる!

お金の節約・貯蓄をする上で大切なことは「使わないものは売る」、「必要のないところでお金を使わない」ことだと思います。

まず「使わないものは売る」についてですが、モノにはそれぞれ価値があります。

その価値を今現在十分に実感しているのであれば売る必要はありませんが、昔一度使ったっきりでしばらく使っていない、衝動買いしてしまったが使う機会がないなどのモノは価値を実感できていない時点でお金の無駄遣いです。

不必要なものは早急にそれをほしがっている人に売ってお金に変えてしまった方がお得ですし、人のためにもなります。

次に「必要のないところでお金を使わない」についてですが、疲れた時についついコンビニでお菓子を買ってしまったり、近い距離でもつい電車やタクシーを使ってしまうなどの無駄遣いが挙げられます。

予期せぬところで思わずお金を使ってしまいそうになった場合、「今払おうとしているお金は今の仕事で自分が何時間働けば稼げる額なのか」、「自分が働いた時間と労力に見合うだけの価値があるものなのか」を一度よく考えてみることが大切です。

どうしても必要な場合はお金を使っても構わないと思いますが、上記に挙げた例の場合は「晩御飯まで我慢する」、「徒歩や自転車を使って交通費を節約する」などの対処がしやすいので小さな出費を繰り返している人はそれを改めるだけでかなりの節約になるはずです。

お金は定期的に稼ぎ、無駄な出費を抑えるだけで意外と貯まるものです。

いらないものは売り、必要のないものは買わないという生活を継続的にこなすことがおススメです。

もはや定番な携帯電話節約術で我が家も大成功

以前は携帯代に1人10000円近く払っていた時期もありましたよね。

今考えると恐ろしく高いですね。

現在我が家では、1ヶ月分の携帯代は夫婦2人で5000円ほどです。

だいぶ安くなりました。

我が家の携帯代を節約した方法はとっても簡単です。

格安SIMにしただけ。

最近では、コマーシャルなどで格安SIMというワードを耳にする機会も増えやしたが、実際どうなの?っと私たち夫婦も疑問でした。

実はメリットでかではないんです。

キャリアメールが使えないんです。

キャリアメールとは携帯電話キャリアが提供するメールサービスのことです。

つまり、@docomo.ne.jp、 @softbank.ne.jpといったメールサービスですが、よく考えてみれば最近全然使っていない。

LINEが普及した今は、ほとんど使わなくなりましたね。

ということで、この問題は解消です。

次に強いていうなら、通話料金が割高なのですが。

LINEのおかげで、ほとんど通話する機会がなくなったので、特に問題ありません。

ということで、何のデメリットも感じることなく携帯代を節約できました。

LINE様様です。

今のところ、夫婦で5000円を超えたことがないので、年間にしたら大きな節約になりました。

節約をするなら、固定費を見直される事をおすすめします。

節約を考える時に、よくこまめに電気を消すや、トイレットペーパーを、ダブルではなくて、シングルを買うようにするや、トイレで水を流す際は、一回で流すのではなく、家族がいれば、何人かまとめて流す等、細かい節約を熱心にされている方が多いですが、そういう細かい節約よりも、私は大きい固定費を節約される事をおすすめします。例えば新聞を取っておられる方は多いと思いますが、最近はネットニュースなど、スマホやパソコンで、簡単にニュースの確認をする事が出来るので、新聞の購読をやめるだけで、毎月4千円程の金額を節約する事が出来ます。

また、毎月の光熱費に関しても、電気とガスをそれぞれ払うだけで、我が家では毎月2万5千円程払っていましたが、オール電化にした事で、毎月1万円程に、毎月の光熱費の費用を抑える事が出来ました。なぜこれだけ、光熱費が、抑えられたかというと、ガスは使えば使った分だけ、基本料金が高くなってしまうというデメリットがあり、さらに、オール電化にすると、夜の11時?朝の7時まで、3分の1の値段で電気を使えるので、そのおかげで、光熱費がかなり抑えられるので、かなりの固定費の節約になります。なので私は、節約は、大きな固定費を削減することから、始められる事をおすすめします。