省エネ家電で電気代を節約

最近では消費電力の低い家電製品が販売されています。

いわゆる省エネ家電と言われているものですが、冷蔵庫やテレビ、エアコン、電子レンジ、洗濯機も省エネ家電の波が来ています。

これらの電化製品はいずれも消費電力のものではありますが、10年前のそれらと比べると、年間の電気代がかなり安くなっていることがあります。

例えば、冷蔵庫の場合、最近では年間の電気代が6,000円代であるものもあります。これは10年前と比較して1ヶ月に約5,000円も電気代に差がでている場合があります。

確かに、冷蔵庫の場合は初期の投資費用も高いのですが、約5年冷蔵庫を使うとすれば、10年前との電気代の差額を5,000円とした場合、5年間で300,000円となり、おおよそ冷蔵庫の費用が賄えることになります。

このように初期投資に費用がかかるものの、長い目で見た場合には節約ができるのです。

もちろん、電気代の節約については、不要な電気をつけないとか、電球や蛍光灯をLEDにすることも省エネにつながりますし、電気代も安くなります。

従いまして、電気代を安くする方法は新しい電化製品や器具を省エネタイプにすることが1番の節約の方法につながるのです。

エアコンの使い方

一般家庭の日中に使われる電気代の半分はエアコンとも言われています。

エアコンの設定温度は何度にしていますか?外気温と差があればあるほど、電気代はかかります。夏であれば、室外機に冷水をかけて冷やすのも効果的です。

そして、意外と気にしていない人も多いかもしれませんが、冷風は、上向きにしてください。冷たい空気は、上から下へ落ちていきます。効率良く部屋を冷やすためには、上向きにしておくことが大切です。扇風機を併用すると、更に部屋が冷えやすくなります。

また、風量設定は、「弱」ではなく、「自動」にしてください。部屋が冷えるまでは「強」、その後は「弱」と一番効果的な風量にしてくれます。「弱」で冷やし始めると、結局時間がかかってしまい、余計な電気代がかかってしまいます。

電気代がもったいないと、少し買い物に行くときにもエアコンを切ったりしていませんか?エアコンは起動するため、一番エネルギーを使います。こまめなスイッチ、オンオフはしない方が、節約になります。

そして、一番見過ごしがちなのが待機電力です。シーズンオフの時は、一切エアコンをつけませんよね。そんなときは、コンセントを抜くようにしましょう。本当に些細なことですが、年間で数百円の節約になります。