光熱費の節約術

節約というと、支出の中で大きな割合を占める食費の削減をまず考えますが、光熱費も大きな割合を占めています。

夏、冬などエアコンをつけるのが当たり前の感覚となると手軽にスイッチを押してしまうとおもいます。しかし電気代はかさむのでこの節約を考えてみます。

まず夏についてはエアコン室外機の汚れをチェックし、自分で掃除できるところは綺麗にしておくと冷房効率が上がります。また霧吹きを部屋に吹いたりすると霧が蒸発するときの気化熱で涼しくなるので冷房効率が上がります。さらにエアコン本体の掃除もできるかぎりこまめにやっておくと無駄な電力を使わず冷房できるのです。そのほか、昼下がりなど日が照り付けるときは遮光カーテンをひくことで熱気が室内に入ってきません。これもお手軽です。

冬場はエアコンをつけると暖気がどうしても部屋の上部に行ってしまい、人間がいる下の方はあまりあたたかくなりません。そこでサーキュレーターや扇風機をうまく配置して暖気を循環させましょう。エアコンの風の出方などをみて、なおかつ人の通行の邪魔にならない位置にサーキュレーターを置きましょう。

また断熱材を壁に貼ることで暖気が外に逃げないようになります。