ヨーロッパ風節約術を取り入れてみよう

節約とはキリキリと切り詰めた生活をして、イライラすることではありません。家計をしっかりと見直し、管理して、目的のために行うことです。切り詰めるところではしっかりと締めて、目的のために大きくお金を使うために節約はあるのです。

私たち日本人から見れば、ヨーロッパの人たちの生活はきらびやかにうつるかもしれません。しかしヨーロッパ、特にドイツやフランスでは質素倹約の精神がしっかりと根付いています。普段は質素な生活を心がけ、しっかりと節約を行い、夏のバカンスに大きく使うのです。

節約と使いどころ、そのメリハリをつけることが節約のコツです。

日本人がドイツ人やフランス人に学ぶべきところは毎日の食事についてです。日本人の食への関心の高さは文化として非常に誇らしいものです。しかし、毎日の食事が豪華すぎます。毎日食事を作る家庭の母たちの大きな悩みの一つです。ヨーロッパでは朝晩は手をかけずに火を使わない食事をします。朝晩はパンにチーズやハムをのせてたべるだけという簡単な食事であることが多いです。ヨーロッパほど粗食にする必要はありませんが、食事をいつもより少し簡素にすますという方法は節約において絶大な効果を発揮します。私がこの方法を取り入れたところ、食べ過ぎないことで体が少しスッキリすることや、食事を作る負担も減り、しかも片付けも楽という

素晴らしい結果がついてきました 。

ヨーロッパ風の食習慣を取り入れるという節約術をぜひ試してみて下さい。