少額でも積み重なれば節約につながります

これくらいのお金、使っても大丈夫だろう、という考えを捨てることにしました。

例えば、仕事の時のランチです。1回のランチはワンコインかもしれません。しかし、これが1か月続くと大きな出費になります。
1年ではどれくらいの出費になるのか。そういうことを考えるとランチは外食ではなく、お弁当を持参したほうが節約にはなります。
お弁当もできるだけお金をかけずに作るようにします。ちょっとした工夫でお弁当にかかるコストも抑えることができます。

作り置きをしたおかずを詰めるだけでも十分だと思います。作り置きのおかずはお弁当1回分ずつに冷凍をしておけばよいでしょう。
これは節約につながるだけではなく、時間短縮にもつながります。本当に少額かもしれませんが、年単位で考えてみるとかなり大きくなってしまいます。
節約できるところから無理なく節約をする、ということも大事だと思います。

無理をしてしまうと挫折をしてしまいますし、節約をすることそのものに嫌気がさしてしまうということもあるかもしれません。
そうならないためにも、自分でできる範囲で節約をすればいいと思います。
お弁当作りが苦手という人もおにぎりぐらいは作れるようにするだけでランチ代もかなり浮くと思います。

バカにならない昼食代、飲みの代

私の節約術は、昼食代と飲み物代を節約することです。以前までは、昼食は職場のお店に行ったり、コンビニに買いに行ったりしていました。それだけで毎回約700〜800円は掛かっていました。これを、お弁当を持って行くようにしました。お弁当は作るのが大変と思うかもしれませんが、今の時代、冷凍食品のお弁当のおかずがあります。それも、凍ったままお弁当箱に入れて行けば、食べる頃には、ちゃんと解凍されているのです。味に関しても、私的には十分美味しく頂けるレベルです。値段も、スーパーの冷凍食品の半額デーで大量に買い置きしておけば更に安く仕上げることができます。

ざっと一食のお弁当代を計算すると200円以下でできるのです。これで、食べに行ったり、コンビニで買っていた時との差額が500円〜600円で、かなり大きな節約となりました。朝、お弁当を仕上げるのが面倒な私は、前日の夜にお弁当箱に冷凍食品のおかずを詰めてしまい、お弁当箱ごと再び冷凍庫へ翌朝まで入れておき、後はご飯だけ詰めてるという方法を思いつき、面倒などと思ったことは一度もありません。そして、飲みの代です。私は、水分を良く取る方なので、一日に3本くらい、ペットボトルの飲みのもを買っていました。

これも節約できると思い、サーモスの水筒を購入しました。その結果、1本節約することができます。お弁当と合わせると一日600円〜700円の節約になりました。節約したお金で、旅行に行ったり、趣味の物を買おうか計画中です。今では、もうこの節約はやめらません。