IT製品は中古を徹底的に活用する

普段の生活にかかるコストを最大限に安くさせるに、上手く、自分のにとって必要な製品などを安価に購入することも大切です。私も普段の生活をシンプルで安価なものにさせるべく、普段から節約などには十分な配慮をしていたのですが、やはりきちんとした商品を購入しないと生活に師匠をきたすという考え方から、携帯電話などは、しっかりとした通信キャリアの製品を使っていました。しかし、最近では格安シムなどの大幅な普及でそれほど、多くの障害や不安定な要因もなく、安心して使っていける製品が多くなってきました。

そこで、私も自分の通信キャリアを今までの大手のキャリア製品から、格安シムに変更しました。そして、パソコンの買い替えも中古ですが、ハイスペックな製品を購入することで、安い値段ですが、生活には大きな支障がないITライフを実現しました。このような方法をしっかりと確立することで、現代社会に必要なITツールを安く使っていくことができます。普段からきちんとした方法で確実なIT生活を実現させることで、より快適な時間を家で楽しんでいけます。自分らしい素敵な生活はこのような大幅な出費が考えられる項目をいかにして節約するかにかかっています。

ブックオフなどで安く仕入れて

ブックオフで仕入れヤフオクで売るなどの転売術をしておくと良いと言う場合もあります。これは転売手伝うわけですが安く仕入れて高く売ると言うようなものです。1番売れるのはヤフオクで1番得ることができると思いますがここがまず間違いなく1番得ることができるところだと思います。問題なのはどこで仕入れると言う事ですがブックオフは買取をするとき貴重な本だとしてもほぼ調べることなく買い取ると言うことがありますのでこちらで探しておいた方が良いものを探していける可能性が高いです。またこちらのようなところ探しておいた方が良いでしょう。

ブックオフで仕入れヤフオクで売るなどの転売術をしておくと良いと言う場合もあります。これは転売手伝うわけですが安く仕入れて高く売ると言うようなものです。1番売れるのはヤフオクで1番得ることができると思いますがここがまず間違いなく1番得ることができるところだと思います。問題なのはどこで仕入れると言う事ですがブックオフは買取をするとき貴重な本だとしてもほぼ調べることなく買い取ると言うことがありますのでこちらで探しておいた方が良いものを探していける可能性が高いです。またこちらのようなところ探しておいた方が良いでしょう。

節約は単に支出を抑える手段ではなく、自分自身を見直すという事

家計のノートを日々持ち歩き、節約について考えている渡部といいます。

生きているだけで様々な場面でお金が必要になりますが、収入より支出が多い時は節約を実践する必要があります。そこでまずは固定費(毎月どうしても一定額必要になる支出)についてもっと節約出来ないか疑ってみると良いです。例えば、電気等ライフラインに関わるお金は節約出来ないように思えます。しかし、契約してから1年後に各業者に問い合わせてみると、同じ内容でよりお得なプランが出来ていたりします。その場合は手続きをするだけで毎月の節約が自動にされていきます。

私の家の場合、支出の割合でみると車や家のローンが多いのですが、これらは基本的に一度に払えない為に最低金利で組んでおり、ここを節約するというのは難しいものがあります。ですが、次に多いのが保険と携帯・ネット等の通信費です。これらは電気と同様に不要なオプションやプランの変更を行う事で劇的に節約出来る可能性があります。ある部分が節約出来ないなら、他に節約出来るところはないかを常に検討していく事で、活路を見いだす事が出来る場合は多いです。

このように節約生活をしていく中で私が実感しているのは、節約は生活を見直すと良いという事です。本当に自分や家にとってそれが必要な支出なのかを一度考えてみると、意外と無駄に使っている事が多いことに気付きます。生活する上で無駄を少なくしていけば、節約を頑張った自分へのご褒美として欲しいものを買いたい・どこかに出かけたいという願いも叶います。節約するという意識ではなく、自分自身を見直すと考えれば節約の効果も自然と上がっていきます。

私が実践している貯蓄術について

私は主人の転職癖により、僻地に追い込まれてしまう形になりました。僻地では非常に血縁関係が濃厚で何をするにしても幅にされてしまうような状況下です。

パートに働きに出たのは良いものの、血縁関係の巣窟から、堂々と目の前で陰口を言われたり、嫌みを言われてしまい、そのよそ者扱いに耐えかねて職場を辞めてしまいました。主人の年収も10万円以上ダウンしてしまい、どのようにして生計を立てるか非常に困惑していたのですが、できることとすれば、節約しかありませんでした。

私は、ありとあらゆる節約をしようと思い、まずは主人に便所のお水を流す回数を二回も三回も流すのではなく、徹底して一回に済ませるように義務付けました。これだけでも何十リットルも節約できる形になり大幅に節約できることに繋がるからです。更に、水道水等も長しっぱなしではなく必要最低限の水しか使わないように命じました。そこから何を節約すれば良いのか迷ったのですが、そう言えば電気についてつけっぱなしであることが多いと思い、電気についても節電対策で様々な所で使用されている電気を節約する形にしました。更には、つくしや雑草等を自宅周辺で生えている食べれる雑草等を天ぷらにして食べてみることで経費を浮かせることに繋がりました。