定番中の節約方法は最高です。

私がしている節約方法はやはりなんといっても自炊して食費を浮かせています。

食費は普段かなり必須の費用でなくてはならない存在です。

ですが塵も積もれば山となるというようにほぼ毎日のように外食をしていたら当然のごとく値段は高くつくし自分の好きなものしか食べることがないので栄養バランスもついつい偏りがちになります。

ですが、外食を全くしないで今後の人生を送ることはあまりにも極端なので制限をしています。

それ以外はほぼ毎日のように自炊です。

どんな風にしているかというとまずは冷蔵庫にある余った食材を使って調理するというシンプルな方法です。

私の場合は特に炒め物料理を作ることが多いです。

その中にはほぼ確実に野菜を入れて食べるようにしています。

昔からある節約方法ですが時給などに換算したりすると本当にお得だということがより良く実感できます。

外食は本当に余裕のある時だけにしています。

たまにはあれこれと献立のことを考えずに楽しく満足感を味わえる外食も忘れないようにすればやりがいを感じることができるのでしっかりと節約と同時進行で楽しませていただいています。

また、自炊なら仮に余ってしまったとしても次の日の食事に回すことも可能なので簡単です。

私が実行した究極の節約生活について

よく巷で、耳にする節約術や節約生活というものは、まだまだ甘いとしか言いようがありません。それくらいに、切羽詰まって、ギリギリの生活をしている私の実生活について、赤裸々に語らせていただきたいと思います。

まず、食費についてですが、ほぼ0円でまかなっています。具体的には、食品加工工場に勤務していることもあり、余った野菜や処分するような食材を常にもらっています。それらを、いわゆるスーパーの無料でもらえる塩や醤油で味付けして毎日の主食としています。

ほかにも、お恥ずかしい話ですが、女性としての品位を保つためのコスメティックスであったり、スキンケア商品は、知り合いの方がご好意で分けてくださるので、その恩恵に預かっています。

さらに、生理用ナプキンなども自分で買うこともなく、メーカーサイトの無料のプレゼントキャンペーンなどに申し込んだり、トイレットペーパーを駆使して、やり過ごしています。ほかにも、衣服などには一切お金をかけず、ヘアサロンも、半年に一回1000円カットを利用する程度です。

シャンプーやリンスも、100円均一でゲットしていますし、これ以上節約できないというくらいに節約しています。でも、まだなんとかなるのではないかと日々コストカットできることがないかどうか目を光らせています。