買うお店を絞ってポイントがっぽり

子供を産み主婦になった私が節約を意識し実施しているのはスーパーの使い分けです。マンションを購入し引っ越してから、子供を連れて近くのお店巡りをしました。主に生鮮食品、日用品、その他に分けて見ていき、それぞれの得意なスーパーを決めポイントカードもそこに絞りました。生鮮食品は歩いて20分のスーパー、日用品はと化粧品は歩いて五分のディスカウントストア、また、我が家には車がないためネットスーパーも効率良く使うことにしました。

イトーヨーカドーは子育て支援で配送量が一定の時期まで100円でプライベートブランドと多く扱っているので重宝しています。また、ネットで買えるものや御歳暮なとはオムニ7のみの利用にしてポイント5倍デーを使いながらポイントを貯め、趣味のCDはそのポイントで購入するようにしています。また、時折ガス抜きも大切です。近くの肉屋や鮮魚店は値段は張るものの質は良く、旬のものなどはそこで時折購入し質の良い食品を食べています。外食は極力控え、2、3ヶ月に1度あるかないかです。どうしても作りたくないときは災害時の為ストックしてあるレトルトのカレーや中華丼などで済ませて、ついでに備蓄の入れ替えもしています。これで月収30~35%の貯金をしています。

貯蓄をさせる秘訣はサイフを分けること?!

どんなに節約を心がけても、お金がないお金がないと嘆く日々…。

収入的には毎月少しずつでも貯蓄が出来るはずなのに、どうしても貯まらない。むしろ赤字になるのはどうしてなのでしょうか。

そんな現状を打破するべく、インターネットや周りの主婦たちの意見を参考に

なぜお金が貯まらないのか、どうすればお金が貯まる生活を送ることができるのかを自分なりに探してみました。

そこで試したのが、サイフを分けるということ。

サイフを分けることで、毎月のお金の管理がしやすくなります。

ざっくりと食費用、その他の日用品用と分け、毎月それぞれどれくらい使っていいのかを決めます。

買い物をする際は必ずそのサイフから支払うようにすること!

毎月それぞれの金額をサイフに振り分け、残った分はすぐに貯蓄に回します。絶対に途中で銀行から下ろしてはいけません。

そうすると嫌でも貯蓄が出来るようになります。

それぞれのサイフでやりくりをするので、今月食費にあとどれくらい使えるのかが目に見えて分かりやすくなりました。

一つのサイフだとどうしても、あと何日でいくらずつ使っていけば月末までもつのかがわからなくなってしまっていました。

毎日きちんと家計簿で管理出来ていればそんな風に思うことはないのかもしれませんが、なんせ飽きっぽい性格で家計簿も放置状態でしたので…。

そんな自分がサイフを分けるだけで簡単に日々の出費を管理でき、うまく貯蓄に回すことが出来るようになりました。

サイフは細かく分かれば分けるほど管理がしやすくオススメです。

慣れるまではちょっと不便でしたが、今ではもう当たり前のように使い分け、少しづつ毎月の貯蓄が増えていくのが楽しみで仕方ないです。

この調子でこれからも頑張って貯蓄をバンバン増やしていこうと思います!