今日使うお金を分けて置く

お財布に余分なお札が入っていると、ついつい使ってしまうこともあります。そういった方は、お財布に今日使う分を入れて置いて残りは銀行に貯金などしておけば無駄使いを減らすことがあります。毎日自炊をしている方であれば、今日の献立を前もって考えておき、冷蔵庫を見て足りない野菜などをメモに書いておいて、それを見て仕事帰りにスーパーに立ち寄って買ってかえることも出来ます。お金を貯蓄するには、そういった細かい所から初めていかないと、効率よくお金を貯めることも出来なくなります。

また、給料が振り込まれる口座と、日常生活で必要になる口座を分けておくと、おのずと、貯金も出来るようになってきます。同じ銀行にすると、つい使ってしまうこともありますので、別な銀行に預けておくことが重要となります。そうすることで、実際に必要になるお金だけを引き出したりすることが出来るようになります。頻繁に出し入れが出来ないように、通帳のみにしておくと効率的に貯蓄が出来ます。給料の中から生活費を引いた額に余裕があるのであれば、定期預金をして積立をしておくと、何年間は引き出しが出来ない状態になります。少額でも積み立てておくことで、数年間でかなり貯蓄されてることに気づくはずです。

貯蓄が下手な人必見!貯める仕組みの作り方

私は30代の主婦ですが、正直若い頃から浪費は大の得意ですが、貯蓄はというとからっきしでした。

なので結婚したときも貯蓄はゼロでした。

しかし時はたち、子どもはあっという間に大きくなり、教育費がかさむし、夢のマイホームも早く実現させたいし、

お金はどんどん出ていくのに旦那の給料はお世辞にも高給取りとはいえない程度だし、このままでは夢の実現はおろか今後の教育資金に不安を感じた

私はついに貯蓄をすることを決心したのでした。とはいえ浪費家が倹約家にはすぐ変身するのはまず無理だろうなと思ったので、

まず自分が貯蓄に対してストレスにならないラインを探りながら色々な貯蓄方や節約法を実践してみました。

その中でおすすめの一つをご紹介いたします。

まず節約方の一つとしてスーパーでの買い物の際にカートを使うのをやめる。

これはどういうことかと言いますと、スーパーでの買い物の際カートを使用するとなにげにカゴにポイポイ商品を入れてしまいがちで、気づいたらカゴに買いたいものと

買う予定のなかった余計なものがいっぱいになってしまうことが多々ありましたが、カートを使わず自分でカゴを持つことにより重くて早くレジに行きたくなり、買いたいものだけすぐカゴに入れて買い物を済ませることに成功しております。余計なものも買わなくなり買い物時間も短縮され、おまけに筋トレも兼ねられる一石三鳥のおすすめ節約術です。

派遣社員だからこそお金にシビアに向かおう

2018年問題といえばベテラン派遣社員が契約満了で辞める人が多くいます。

その中には給料が少なく、無期契約にして欲しいにもかかわらずに派遣先から拒否をされたという人も沢山います。

けれども派遣社員は正社員と違って派遣会社と雇用関係を結んでいるということを武器に副業をするということも出来るし、就業時間外であれば株や投資信託などの運用をしてもいいということも出来るのです。

特に、副業は派遣会社にもよりますが紹介をしてくれるケースもあり時間が許す限り副業をすることによって新たなスキルを身に付けるという方法もあるし、クラウドソーシングを利用して空いている時間で仕事をするという方法もあるので派遣で働いているうちにそういう副業にも目を向けてみる必要もあります。

更にお金に関する勉強をしておくと経営者としてのスキルを身に付けるということも出来るので、経済に関する勉強はやっておいて損はないですし、お金にシビアになるということは会社の経営にも関わってくることなので非常に役に立ちます。

資格を取るのであれば簿記もいいですが、FPであれば独立開業するという人もいるので勉強する価値もある上開業後も役に立ちます。

もちろん派遣社員で働いている人も日々のお金の流れを見て削れるところを削って必要なところで使うという生活をしていけば自分のためになります。