まとめて節約

主婦にとって節約しやすいと感じるのは、やはり食費ではないでしょうか。我が家では、まとめて作り食費節約を実施しています。

まず、基本的に全員お弁当を持参すること。我が家の家族構成は、私(パート)、主人(勤め)、子供3人(内2人幼稚園、1人は乳児)ですが、幼稚園で給食必須の日以外はお弁当を持たせています。

お弁当の中身は、前日の夕飯の残りを使用することが多いです。多めに作り次の日も食べる感覚ですが、家とお弁当なので、あまり飽きません。食事は必ず3~4品+汁物を作ります。お弁当にはその内2品と、1品冷凍食品を入れています。食材は近所の卸売りスーパーを利用しているのでかなり安く押さえられているというのもありますが、子供が増えても夫婦2人の時より安い食費になりました。

また、その他の足りないものはネットスーパーで買い物をしています。日用品などでなくなりそうなものが出たらそのその都度メモをしておき、ある程度たまったらまとめて注文します。実際に店舗を見ての買い物ではないので、目移りさして余計なものを買いすぎることがありません。店頭では気づかないようなキャンペーンもわかりやすいので、お得に活用できることも。決済はクレジットカードなので、ポイントもたまりますし、しっかり把握することで節約術につなげています。

月々の予算の使い方としては、まずクレジット決済や口座天引きのものを差し引き、その他の自由に使えるお金をまとめて財布に入れておきます。これが1ヶ月に使えるお金。それがなくなれば今月は何も買えない、といったシンプルなものです。逆に余れば貯金に回します。少し厳しい月もありますが、追加で銀行から引き出すことはしないので、貯金が減っていくことはありません。シンプルですが、お勧めですよ。

節約の基本は出掛けない

お金を貯めるもしくは家計を黒字にするには、二つの方法があります。一つ目は、今よりお金を稼ぐという方法です。これって、サラリーマンなら残業するとか基本給が上がるという事であり、自分の努力だけではどうにもなりません。もう一つの方法は、節約をするという方法です。これは、誰でも努力すれば出来てしまいます。努力というより、我慢と言ったほうが適切かもしれませんね。節約の基本は、やはり外出をしないということです。外出をすれば、交通費だけでなく、ついつい物品を購入してしまいます。

近所を財布を持たずに散歩するだけならお金を使わないでしょうが、そういうケースってほとんどないですからね。インドア派の人でネットやテレビで時間を潰せる人はいいのですが、アウトドア派は、辛いかもしれません。キャンプとか釣り、サーフィンとかは、健康にもいいしストレス解消にもなりますが、全くお金を使わずに出来る趣味でもありません。勿論、スキーやスノーボードに比べれば、出費が少ないですけどね。そういう趣味を持っている人は、行く回数を減らすことで節約ができます。同様に、外食も禁物であり、外食よりは中食、中食よりは内食を増やすように心掛けることが大事です。

食費を抑えるために節約ワザでやりくりしてます

節約するには食費を抑えることがイチバンではないかと思います。とは言え、栄養面も配慮したいのでアレこれと節約ワザで毎日やりくりをしています。スマホを使っているので、アプリを利用して役立つ情報をゲットしています。値引きクーポンが定期的に配信されるアプリ、好きなエリアを選択することにより、チラシをチェックすることができますし、ほかの店との価格の比較もできます。また、無料や少ない額で商品を手に入れることもできるアプリもあるんです。手にした商品の感想をコメントすればポイントをゲットすることができますし、貯まったポイントをナナコやワオンポイントに移行することができます。

その他に食品メーカーの公式アプリ、たくさんのレシピが投稿されているアプリでは、たくさんのメニューが紹介されているので冷蔵庫にある食材を豪華に変身させることも可能です。レパートリーも増えるため、料理上手にもなれるかもしれません。コンビニ、ファ―ストフード、飲食店や雑貨店などもクーポンやポイントをゲットすることができます。中には誕生日月にポイントが2倍になるものもあります。貯めたポイントは次回の食事やショッピングにも繋がるため、家計にも優しいアプリと言えます。