食事や些細な事でも出来る節約術

節約したい節約しないといけないと思う方はこの現代では多いと思います。
ですが意識してするのは結構難しい事ですよね、ですので私が個人的に思う日常で出来る簡単な節約法(食事系)を簡単にまとめさせて頂こうと思います。

1,時には外食のほうが安い場合もある
節約というと自炊で食事を賄うというイメージがありますが基本はそうとも言えますが食べたいものによっては外食のほうが安い場合もあります
どういうことかといいますとお店の特色によるということです体に良いというコンセプトのお店では基本高く値段がされていますが逆を考えれば食べる量の多い方やとにかく今日は沢山食べたいという方を対象としたお店も勿論あります。
ご飯食べ放題や一部の卓上菜が無料など定量以上を食べたい場合はそういったお店を利用すれば満足感も節約も得られるということです。(肉類や惣菜類は食材によっては自炊のほうが高くつきます あくまで一人で食べる前提ですが)

2,買い出しするお店の特色を知ろう
自炊で賄う場合切っても切れないのがスーパーです近所に一件しか無いなどを除けば他店同士必ず意識した戦略を打ち出します。
ですのでこの店は必ずこれが安いと大まかに把握しておくと凄く献立が楽になりますのでなるべくなら肉ならこの店、野菜はここと決めてまとめて周るようにすると食材費が抑えられます
(ですが野菜は大抵八百屋さんが安いので近くにあれば利用するよう習慣つけると良いと思います)

3,安い食材で多く作る
食材が揃いいざ調理と言っても使う順番を決めておくと良いです
持ちが良い食材(根菜や肉類等)は余程必要でなければ次の日以降に調理する用で考えておきましょう。 足の早い食材は(葉物や魚等)すぐ食べるに限らず多めに調理しておいて余る分を備蓄するようにすると次の日以降のおかずが浮きます(火を通せば1,2日程度濃い目の常備菜なら密閉容器で3,4日は平気だと思います)
つまりは次の次まで見越して献立を作れば自ずと節約に繋がります

4,単純ですが格安の広告品は買う癖を付けましょう
使う自信が無いなら別ですが必ず必要になる物は結果お金が浮くので今はやめようと思うよりこの先の分が浮いてラッキーと思えるようにすると後悔も無く結局のところ得することが多いです。

如何でしたでしょうか?食事の些細な事でも出来る節約術を簡単にまとめてみました
以上の記事がお役に立てれば幸いだと思います

ヨーロッパ風節約術を取り入れてみよう

節約とはキリキリと切り詰めた生活をして、イライラすることではありません。家計をしっかりと見直し、管理して、目的のために行うことです。切り詰めるところではしっかりと締めて、目的のために大きくお金を使うために節約はあるのです。

私たち日本人から見れば、ヨーロッパの人たちの生活はきらびやかにうつるかもしれません。しかしヨーロッパ、特にドイツやフランスでは質素倹約の精神がしっかりと根付いています。普段は質素な生活を心がけ、しっかりと節約を行い、夏のバカンスに大きく使うのです。

節約と使いどころ、そのメリハリをつけることが節約のコツです。

日本人がドイツ人やフランス人に学ぶべきところは毎日の食事についてです。日本人の食への関心の高さは文化として非常に誇らしいものです。しかし、毎日の食事が豪華すぎます。毎日食事を作る家庭の母たちの大きな悩みの一つです。ヨーロッパでは朝晩は手をかけずに火を使わない食事をします。朝晩はパンにチーズやハムをのせてたべるだけという簡単な食事であることが多いです。ヨーロッパほど粗食にする必要はありませんが、食事をいつもより少し簡素にすますという方法は節約において絶大な効果を発揮します。私がこの方法を取り入れたところ、食べ過ぎないことで体が少しスッキリすることや、食事を作る負担も減り、しかも片付けも楽という

素晴らしい結果がついてきました 。

ヨーロッパ風の食習慣を取り入れるという節約術をぜひ試してみて下さい。