貯蓄は貯蓄で増やす! らくらく投資の方法とは?

貯蓄は増やしたいけれど、あんめり切り詰めるのは楽しくない。そんなあなたにオススメするのが投資です。

投資といえば株を想像すると思います。

そして「下手をすれば大損してしまう」「始めるのに大金が必要」というイメージが強いのではないでしょうか。

株を始めるならばその通りです。

今では少額で買える株も多くなってきましたが、やはりほとんどの株は購入するのに何十万円か必要になります。

ここでオススメするのが投資信託です。

投資信託は、株式などの投資の運営をする人たちに資金を投資するものです。なんと1円からでも始められる投資信託もあります。

こちらも元本割れを起こして損をしてしまうこともあるのですが、少額ではじめればそうそう痛い目をみることはありません。

また、「安定型」と呼ばれる投資信託であれば、大きく損をすることはまずありません。

そして、今年からは国が主導する制度として「積立NISA」が始まります。

通常、投資で得た利益は20%が税金として国にとられてしまうのですが、この積立NISA制度をつかえば、税金を取られることなく、利益がまるまる自分のものとなります。

やりかたは簡単。証券会社(手数料の安いネット証券がオススメです)に積立NISA口座を作成して、購入したい投資信託を選び、月にいくら積み立てるか決めるだけです。

年間の積立合計が40万までという縛りはありますが、つきに3万円を積み立てても年間36円。

それに配当がプラスされるという計算です。

引き出しはいつでも自由なので、これを機会に投資を始めてみてはいかがでしょうか。

社会人1年目、1年間で100万円貯めた話

学生時代はアルバイト代をすぐ使いきって、常に金欠状態でした。貯蓄をしようと何度も挑戦しては、結局すぐ使ってしまい諦めるの繰り返し。このまま社会人になっても同じ生活を続けるのはよくないと思い、どうしようか考えました。そこで、まず1年だけでも頑張ってみようと思い、1年間で100万円貯蓄しようと決めました。

方法としては、毎月5万円を先取り貯蓄、年2回支給されるボーナスは全額貯蓄するというシンプルなものにしました。しかし思わぬ誤算が。ボーナスが想定していた金額より少なかったのです。当初は毎月の貯蓄が5万円×12ヶ月の計60万円、残りの40万円をボーナスで賄う予定でした。しかし支給されたボーナスの金額は約15万円。2回目のボーナスも同じ15万円だとすれば、100万円貯蓄にあと10万円足りません。これは私のミスなのですが、ボーナスから保険料など引かれることを計算していなかったのです。目標金額を下げればいいのですが、変なところで頑固な私は、何としても100万円貯めてやる!と意気込みました。

そこで毎月の貯蓄を2万円増やして毎月7万円貯蓄することにしました。昼ご飯は水筒と弁当を持参、友人との遊びは金欠時は行かないなど、節約に奮闘していました。その結果、なんとか1年間で100万円を貯蓄することができました。1年間頑張ってみて思ったことは、手元にお金しかないと思えば、意外とそれだけでやっていけるということです。社会人4年目になった現在も、毎年100万円の貯蓄を続けています。

必ず貯めたい方へ!私はこれで貯めた貯蓄方法!

必ず貯める貯蓄方法について私の体験ですが、紹介したいと思います。

まず、皆さんは何故貯蓄したますか?

目的がないと貯蓄は続きません!

まず、何のために貯蓄するか、いつまでにいくら貯めたいかノートに書いてみましょう。

結婚式、車、マイホームなど大きな出費のために色んな夢があると思います。

ざっとでいいので、家賃や光熱費など月に必ず出る固定費を計算します。

そして、固定費を収入から引いて残りの目標の月の貯蓄額を引きましょう。最後に余ったお金が月の生活費となります。

また貯蓄は無理のない金額にしましょう。

生活出来ない額だと長続きしません。

貯蓄は、財政貯蓄が必ず貯まります。

財政貯蓄が会社にない方は、給料日に積立て貯金で天引きにしてしまいます。

すると、自然に残りのお金でやりくりする生活になるのです。

最初大丈夫かな?と思っても、案外最初から引かれてしまえば後から何とかなるものです。

私はこれで、1年半で100万貯めました。

月の貯蓄だけでは足りなかったのでボーナスも半分は貯めるようにしていました。

また、借金がある方はなるべくまとまったお金が出来たら返済してしまった方が得策です。

絶対辞めた方がいいのは、月の余ったお金を貯金する方法です。余らせるよりは、最初から無かったものとしてする方が確実に貯まりますよ。

是非、1万円からでも財政貯蓄や積み立て貯金をしてみて欲しいです。

毎日少しの貯金でしっかり貯蓄を

私が行なっている節約でもあり、貯蓄に繋がるようにしていることというのは、毎日のお財布のチェックです。そしてその中で小銭を貯金箱にいれるようにします。500円以下の小銭を貯めるようにはしているのですが、そうすることで月間で10000?15000円のお金が貯まるようにはなりますし、毎日の自分の無駄なお金の支払いというのを知ることができます。1ヶ月目はふつうに貯金箱に貯めるのですが、そうすると、1円玉や10円玉がすごいいっぱい貯まることになります。ですので、2ヶ月目には毎日貯金箱に入れるのと一緒に先月貯めた1円や10円玉と100円玉を両替しつつ、使うようにしていきます。お財布の中には10円9枚、1円10枚が常にあるようにするんです。

そうすると、実際買い物の時にはキッチリの小銭をだすことができるので無駄にお金をいっぱい持っている感覚にはなりにくいのです。そのために、大きなお金を崩したくないという気持ちが働きので、より無駄遣いをしないようになるのです。私はこの貯金箱方式で月に3万円貯めることができました。毎日少しの貯金とチェックで日々の無駄遣いを直して、しんどくない方法で貯めていけるので、毎日を続けることができるのでこの方法はかなりおススメです