社会人1年目、1年間で100万円貯めた話

学生時代はアルバイト代をすぐ使いきって、常に金欠状態でした。貯蓄をしようと何度も挑戦しては、結局すぐ使ってしまい諦めるの繰り返し。このまま社会人になっても同じ生活を続けるのはよくないと思い、どうしようか考えました。そこで、まず1年だけでも頑張ってみようと思い、1年間で100万円貯蓄しようと決めました。

方法としては、毎月5万円を先取り貯蓄、年2回支給されるボーナスは全額貯蓄するというシンプルなものにしました。しかし思わぬ誤算が。ボーナスが想定していた金額より少なかったのです。当初は毎月の貯蓄が5万円×12ヶ月の計60万円、残りの40万円をボーナスで賄う予定でした。しかし支給されたボーナスの金額は約15万円。2回目のボーナスも同じ15万円だとすれば、100万円貯蓄にあと10万円足りません。これは私のミスなのですが、ボーナスから保険料など引かれることを計算していなかったのです。目標金額を下げればいいのですが、変なところで頑固な私は、何としても100万円貯めてやる!と意気込みました。

そこで毎月の貯蓄を2万円増やして毎月7万円貯蓄することにしました。昼ご飯は水筒と弁当を持参、友人との遊びは金欠時は行かないなど、節約に奮闘していました。その結果、なんとか1年間で100万円を貯蓄することができました。1年間頑張ってみて思ったことは、手元にお金しかないと思えば、意外とそれだけでやっていけるということです。社会人4年目になった現在も、毎年100万円の貯蓄を続けています。

我が家の節約と貯蓄はこんな感じです

うちの家系は今、全くといっていいほど貯蓄がありません。なぜかというと、できちゃった婚なので準備資金がなかったこと、旦那さんのお給料がかなり下がったこと、自分が今仕事をお休みしているし、復帰したとしても小さな子供がいるので働く時間は短いため、安いお給料しか貰えないことなどがあります。

なので今は毎月がギリギリの生活で毎月足りない状況なので、貯蓄をしている余裕がなく困っています。とはいえ、子供もいますので、子供にはお年玉やなにかのお祝いなど親戚やおばあちゃんなどから貰ったお金などを、子供には貯めてあげています。

家計に余裕が無いからこそ、そうゆう臨時収入を少しづつ貯めて頑張っています。節約の意味では、お風呂の残り湯で洗濯をするようにしたり、お風呂のお湯を少し少なめにためるようにしたり、お互いの実家から支援を受けたりしています。

例えば、お米やトイレットペーパー、ティッシュや野菜、お肉、うちには赤ちゃんがいるのでオムツやおしりふき、などなど少しずつ分けてもらったりして食費や雑費を節約しています。こうすることですぐには無理でも長いスパンで見て貯蓄に繋がっていくんじゃないかと思います。子供の分も貯めておいてあげたいので頑張りたいです。

私は楽しみながら節約をしています

楽しみながら節約をしましょう。節約はお金が自由にならないと不満が出る試みですが、目標をもっておこなうと案外楽しいものです。ゴールを設けることで楽しく始められます。例えば新車を買うということを目標にしたならそれに集中します。2年で200万円ぐらいと目標をもったとすると細かく計画して節約をします。

欲しい物をなるべく少なくしてお金を使ったことにしてためておくようにします。そして2年後に新車を買ったところを思い浮かべてしっかり楽しく貯金します。外食もなるべく減らします。そして外出する際も水分などの余分な物も買わないようにお茶を持っていきます。

人が外でいろいろな物を買っていてもなるべくお金を使わないようにするように気をつけます。続くたびにストレスがたまるかもしれませんが、貯金の額を観て満足をするのです。それでおさまります。節約は生きていく一つの方法だと思います。

人が本当にやるのが難しいことの一つですが楽しく目標を持って行うことで長く続くのです。家族で目標を持っていくとよいと思います。節約は生活の一部ですが、やった方が本当にためになるし大きな買い物もできます。新車を買ったらしばらくして、自分への褒美を与えてから、また新しい目標を立てるといいと思います。

太陽光発電とお屋根のメンテナンスです

節約につながることだとは思います。太陽光発電。とても流行していますよね。あることによって、とても安心できたりもします。

ところが、これも、永遠ではないという問題があります。つまり、機能が落ちたら交換しないといけないのです。すると、お屋根のほうも、やはり、金具で止めますから、補修が必要になるでしょう。

お屋根の補修時期と、太陽光発電の補修時期が、ぴったりと一致したらいいのですが、一致することはないでしょう。なんだって、伊地知に買いけたくても、こちらは大丈夫でもこちらが壊れるということが多いのです。

すると、太陽光発電の寿命に合わせて、屋根も補修したらいいということになります。お屋根が、その時まで持つことを祈るばかりです。ところが、お屋根のほうが傷みだしたら、せっかく設置した太陽光発電も取り外さなくてはいけなくなります。

すると、こんな手間あを考えると、お屋根で発電するよりも、どこかの大きな敷地で、企業が発電してくれるといいなあと個人的には持ってしまいます。

太陽光発電を個人でする場合でも、お屋根ではなく、緊急の時ようにベランダに置くしかないのではないかと、あれこれと考えるのです。高額な太陽光発電をつけられない妬みかもしれませんが。

日常の生活における私の節約術と貯蓄方法

日常の生活においての、私の節約術と貯蓄方法についてお話します。さて私は、昨今、スーパーやコンビニなんかではやっているポイントカードというものを可能な限り利用するようにしています。コンビニでは、特にそのポイントが20ポイント、30ポイントとボーナスポイントのある製品を中心に購入するようにしています。

ガソリンスタンドなんかでも、ポイントサービスのあるスタンドで給油することにしています。このポイントも馬鹿にならず、知らず知らずの間に、500ポイント、1000ポイントと貯まっています。これで一回分のスーパーやコンビニでの買い物が出来ます。

また、よくスーパーへ買い物に行くのですが、必ずと言っていいほど、午後8時を過ぎたころにしか行かないようにしています。何故かと言いますと、午後7時、8時を過ぎたあたりから、スーパーでは惣菜品コーナーの商品を半額にするからです。

そして、その半額のラベルの付いた品物を購入するようにしています。他には、私は、一番安いスマホを持っているのですが、私のスマホは通話のみのカケホーダイの契約にしていて、メールやインターネットの契約はしていません。これで携帯の月々の請求額をぐっと抑えることができています。これが日常の生活における、私の節約術と貯蓄方法の一部です。

今のうちに家を買っておく方がいいと思います

貯蓄ということは、難しいですよね。それよりも、やはり、何か、物を買う方がいいような気がしています。お金は、手元にはないので、目には見えないものですから。ものは目に見えます。そんなところが、物のほうが好きなゆえ円です。

家も買っておいた方がいいのではないでしょうか。空き家ができると報道されていますが、自分の欲しいところに、空き家が出るとは限らないからです。空き家が出ても、人気のところだと、人には渡らず、家族で移動するということが多いですから。これも、今のうちかもしれません。いくら値段が上がっているといっても、まだ、デフレの恩恵がある程度残っていますから。

設備だって、持てるハウスに行ってみると、十年前ではありえないような設備が標準になっていたりします。これも、住宅展示場ではわからないので、モデルハウスがいいと思います。

住宅展示場の家は、まりにも高級すぎるし、結構、年月が経っているものも多いのです。装備も進化していなかったりします。もちろん、大きいし、広々として、最高なものですが、実際住むところは違いますから。実際のモデルハウスのほうがずっと、わかりやすいと思うのです。

今のうちに家を買っておくことも貯蓄につながる一歩ではないでしょうか。

勇気を持って積極的に節約を実行する

節約で実感している事は、理容店を変えて、散髪費が節約できたことです。行きつけの今までの理容店を変えることには、馴染みの理容店に対して、少し気が引けましたが、思い切って、理容料金の安いお店に行くようにしました。結果、散髪費が半額強、節約できました。

私の場合3カ月に一度の散髪ペースでしたが、かなりの節約に繋がりました。しかし、いくら節約できたからといって、肝心の散髪の出来加減に不満があっては、元も子もありません。前のお店は、個人の理容店でしたが、この度の理容店は、最新鋭の大手チエーン店です。顔剃りやシャンプーはオプションになっていることもあり、理容料金が安いです。この理容店は、結構大勢の従業員さんで営業していますので、このお店に来る度、散髪してくれる担当者が変わります。

したがって、なかなか、私好みの仕上がりになりませんので、若干の不満はありますが、節約になっていると思えば、我慢できます。また、この理容店に変えて、かえって、良かったと思える所が結構あります。その一つとして、散髪時間が、今までの理容店に比べると、3分の1程度ですみますので、気が楽です。決して、仕上がりが、もう一つと言う訳ではありません。料金の割には、遜色がないと思っています。

本格的に自分のお小遣いチェックはじめました。

家計簿は続かない、節約のつもりが節約できない、ズボラな私。家計簿は何冊購入したか、わかりません。しかし、いつも前半1週間で自分の計画がうまくいかずにやる気をなくして、さらにお財布も緩くなる状態でした。

そんな私が考えたのが、スケジュール帳に使ったお金をメモしてさらに1週間16000円にして管理することでした。

私のお小遣いも不透明なので、スケジュール帳につけました。そうすると、私のお小遣い、実は20000円くらい使っていたのです。びっくりしました。化粧品、ランチ、服、買いたいものだらけですが、私のお小遣いは家計とまぜることがあり、いくら使っていたか把握していなかったです。

コーヒーは、コンビニだし、化粧品は、毎月何か購入するしまつ。

だから今回のことで勉強になり、私の支出を減らすこと始めました。

まずはけし、オールインワンにして3ヶ月使います。ランチは好きな人のみ、月に3回かな?さらにパッパラ買っていた服はフリマに出品したお金をもとに購入したり、なるべく食材は平日は少なめにして週末遊ぶことにしました。子供は週末遊べるし、1週間の節約が楽しくなります。

慣れないことは慣れるまで簡単ではありませんが、コツコツ続けます。