節約のポイントは通信・光熱費の見直しから

節約と言えば、毎日の食費等をいかに安く購入するか、いかに節約するかに目が行きがちです。これは主婦が毎日買い物をし、毎日意識する品目だからです。一方で通信費・光熱費・保険の掛け金等は、金融機関の口座からの引き落としにされているケースが多く、それだけに固定費の様に感じて見直す機会が少ないのです。

しかし、大きな節約のポイントは、この金融機関からの引き落しとしている品目に存在す事が多いのです。例えば、ネット接続はスマホでしか行わなくなっているのに、ガラケー時代の様にパソコンと接続しているネット回線を光回線としている様なケースです。

セット割りで安くなっていると言うものの、これは無駄な出費と言えます。思い切って光回線を解約してしまうか、必要ならADSLに戻すと言う手を実行すべきです。また、電気代の節約は東日本大震災の後は、節電が叫ばれ、それなりに対策を講じた積もりでも、白熱電球からLED電球への変更はしても、蛍光灯はそのままなっているケースが多いはずです。さらに、電力もガスも自由化されていますが、従来の電力会社やガス会社のままで、検討さえもしていない家庭が意外と多いのです。

保険もまたしかりです。保険会社が見直しを進めるのは、掛け金がアップする方向ばかりですが、実際には必要以上に掛けている事が多いのです。毎月引き落とされている通信費・光熱費・保険等の見直しから節約を再度行うべきと言えるでしょう。

Tagged: Tags