産休中の節約生活を伝授します。

我が家は、共働きでなんとか生活できている、ギリギリの家計です。そんな中、子供を授かり、私は産休に入ってしまいました。

ピアノ講師をしているために、お金は、休んでいる間一円も入ってきません。主人の稼ぎだけでは、半年間、食べ繋いでいくのさえ不安でした。私は、生活費でいるお金は、毎月必ずいる、ならば、出ていく出費をできるだけ押さえて節約生活に入ろうと、色々工夫しました。

まず、スーパーへの買い物は、週1回、4000円だけ持って出かけました。これは、かなりの節約につながりました。4000円しか持っていかなければ、それ以上は、絶対に買えないのです。食費を減らすことに成功しました。

そして、大きな買い物が必要になったときには、クレジットカードで払い、ポイントを貯めました。

このポイントも、結構大きくて、私はイオンと楽天カードの2枚持ちで、その時のポイント還元率が高い方を優先して使っていました。あとは、コンビニに近寄らないこと。これも、すごく節約につながりました。どうしても、コンビニって、目につくところに、買いたい意欲をそそられるものがあって、ついつい必要でないものも無駄遣いしてしまいがちなので、コンビニから遠ざかりました。これで、出費を抑えて、なんとか耐え凌ぎました。