冬の間の、室内温度を下げない工夫

冬の寒い日、室内温度を上げるために、暖房を使用すると思います。その際に、ちょっとした一工夫で、少ない電力でお部屋の中を暖かくすることができます。冬の冷気が一番入ってくるのは窓です。

寒いので窓を閉めていると思いますが、窓&サッシがとても冷たくなっているので、その冷気で室内も冷えてしまいます。

窓回りの冷気のせいで、暖房をいれても沢山の電力を使わないと、室内は暖まりません。

そこで、プチプチと呼ばれている気泡緩衝材を窓とサッシの、冷たくなる部分に貼り付けてしまいます。

すると、冷気をシャットアウトしてくれるんです。

とても寒い日に、窓に張ったプチプチ部分と、何も張っていない窓を触り比べてみましたが、冷たさが全然違います。

すると、少ない電力で室内が暖まるので節約に繋がります。

次に、室内の開き扉の下部分の隙間です。

この、わずかな隙間からも、廊下の冷たい冷気が入ってきています。

我が家では、扉の下部部にプチプチを貼り付けて、隙間を塞いでしまいました。

プチプチなので、床に傷がつくこともありませんでした。

少々、見た目が不恰好なのがマイナスポイントですが、寒いよりはマシ!と割りきってみるのも手だと思います。

プチプチは、ホームセンターで購入できるので、簡単に手に入ります。